スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦

このファミコンソフトが発売されたのは、1987年12月、私が購入して遊んだのは1988年3月のことであった。

このゲームの発売元の既製キャラクターを使用したゲームは、難易度が高いという認識が既に自分の中には出来上がりつつあったのだが、ジャンルがRPGだったので遊んでみた。ゲームとしてのバランスはともかくとして、アクション要素がなかったので、私にもクリアすることができた。
理不尽な謎に苦しんだゲームは、それなりに記憶に刻まれるのだが、ほとんど内容を記憶していないところをみると、さほどの苦労をすることもなく淡々とクリアしてしまったのではないかと思う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<ゲゲゲの鬼太郎>ウエンツ、トイレで“聞き耳”全開 動員70万人ヒット御礼

 12日公開の映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」が動員数70万人を突破し、主演のウエンツ瑛士さん(22)と北乃きいさん(17)が29日、東京・新宿ピカデリーでヒット御礼のあいさつをした。ウエンツさんは「僕も友達を誘って5回見に行っています。上映後にお客さんの生の?...

コメントの投稿

非公開コメント

自分もこのメーカーのソフトはまともに進めないという先入観があったので、
これも途中で放置してしまったように思います(汗)
普通にクリアできるのならちゃんと遊ぶんだったなぁ・・・

>どらおさん、
このソフトの評価を検索してみると、
序盤のバランスが悪く、
運が悪いと開始直後の雑魚で全滅とか、
散々な評価なので、
普通にクリア出来た私は、運が良かったのか、
人より我慢強かったかのどちらかだと思います(笑)
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。