スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアフット 野菜の国の足戦士

このファミコンディスクシステムのソフトが発売されたのは、1987年11月、私が購入して遊んだのは1988年1月のことであった。

トマトに足が生えたキャラクターを操って、害虫と戦うアクションゲームである。
足には、スニーカーを履いていて、それで敵を蹴飛ばしたり、殺虫スプレーで退治したりするのだが、アクションが得意でないので、序盤を少し遊んだだけで諦めてしまった。
自分が大の虫嫌いであることが、長続きしなかった一因であることも否定できない。
500円の書き換え版だったし、のしのしと歩くトマトを見るだけでも価値はあったと思うことにした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このゲーム、
でかい足が妙に印象に残ってますが、
それ以外記憶にないので
自分もすぐに投げ出したんじゃないかと思います。
インパクトを残すという意味では
成功してたんですけどね~

No title

>どらおさん、
確かに、トマトに足が生えているということが、
妙にインパクトがあって、記憶に残っております。
ゲーム画面が縦スクロールで、
シューティングの様な操作感だったような気がするのですが、
私も、いまひとつ覚えておりません。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。