スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドラの光

このファミコンソフトが発売されたのは、1987年10月、私が購入して遊んだのは1988年1月のことであった。

ごく普通のRPGという印象のゲームであった。町で情報収集して、次の場所へという手順で、普通に攻略可能だったと記憶している。

アイテムの名前や謎解きも、特に記憶に残っていないのに、後日、夫が遊び始めた時に、アイテム入手手順をよどみなく説明できたという稀有の体験をしたため、妙に印象に残っているゲームである。当時、自分には特殊能力があるのではないかと勘違いしかかったが、単に、毎日がゲーム漬けだったというだけの話であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分はパッケージで西洋風全身鎧が件を構えてた絵しか覚えてないです(汗)
その辺りからして、
かなり適当な性格だと思います(汗)
そういえば
大昔ドラクエ2の雪景色に出る前の無限ループで詰まってたとき、
友人が行き順を覚えてたのにはビックリしました。

No title

>どらおさん、
今ではパッケージの絵も覚えておりません。
記憶力はここ数年で随分落ちてしまって、
昔遊んだゲームは、攻略ノートを見返しても、
なかなか思い出せなくなって来ました。

ドラクエ2のロンダルキアは、マッピングしたので、
私も当時はルートを覚えていました。
無限ループの抜け方も夫に教えたりしていました(笑)
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。