スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海

このファミコンソフトが発売されたのは1987年12月。私が購入して遊んだのも1987年12月のことであった。

積まれた麻雀の牌を一定のルールのもとに取り除いていくパズルゲーム。ハードは違うが、現在でも遊び続けている、私にとっては定番のゲームである。

夏休みに田舎に遊びに行った時、ゲーム機が無い寂しさを紛らわすのに、本物の麻雀牌を使って甥たちとリアル上海をしたのが懐かしい。
が、リアル上海は、牌がすべって山が崩れやすく、とても遊び辛かったので、やはり上海を遊ぶならゲーム機に限ると思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分もつるつるして丸みを帯びた感もある
本当の牌では無理なんじゃないかと思ってましたが、
実際辛いんですね(汗)。
ファミコンではそれほどじゃなかったですけど、
今は無きなつゲーというサイトで結構遊びました。

>どらおさん、
想像以上につるつる滑りました。
リアル上海は、一度で挫折しましたが、
ゲームの上海は、長く遊びました。
最近、PCで絵柄が可愛いのを見つけて
時々遊んでおります。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。