スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドポケット

このファミコンソフトが発売されたのは1987年10月。私が購入して遊んだのは1987年11月のことであった。

ビリヤードの遊び方を初心者にもわかりやすく、という基本姿勢に貫かれたゲームで、少し前に発売された「エキサイティングビリヤード」よりも、初心者向きに作られている印象を受けた。
「エキサイティングビリヤード」が、ジャズと煙草のイメージなら、こちらは、ずっと明るい感じで、パッケージにもカセットのラベルにもお姉さんの絵が描かれていて、大人の遊びというよりも、スポーツの1種目として扱われていたように思う。

映画のヒットで、ビリヤードがブームになり、繁華街にはプールバーが何軒も出来た時代だったが、近所に古くからあったビリヤード場は、ブームを待たずに閉鎖されており、ゲームでは頻繁に遊んだビリヤードも実際に遊ぶ機会は無かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遊びやすかったんで自分も結構遊びましたよ~♪
本作ってパッケージも内容もファミリーシリーズなのに
何でファミリービリヤードじゃないんだろうと思っていたら、
データイーストのアーケード作品の移植だったと後で知りました。
ナムコキャラも追加されてるんですけどね・・・。
話はそれますがファミリーシリーズのパッケ絵がワルキューレの人と最近知り、
ちょっとショックを受けました(笑)

>どらおさん、
「何でファミリービリヤードじゃないんだろう」
私も、同じことを思っておりました。
で、移植作だということも、今回調べて知りました。
ファミリーシリーズは、いくつか買っていましたが、
同じ人とは気づかずにおりました。
ただ、ワルキューレに比べると、
パッケージがとても頑丈だったことが、
強く印象に残っております。

No title

すいません説明不足でした(汗)
ファミリースタジアムとかボクシングは別の方でして
テニスやサーキット、このサイドポケットなど
わたせせいぞうっぽい色遣いの
スレンダーな女の子のシリーズがその方という事でした。

No title

>どらおさん、
解説、ありがとうございます。
「わたせせいぞうっぽい色遣い」
言われて見れば確かにそんな雰囲気もありますね(笑)
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。