スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキサイティングビリヤード

このファミコンディスクシステムのソフトが発売されたのは1987年6月。私が購入して遊んだのは1987年9月のことであった。
遊んだのは、ディスクライターでの書き換え版である。

ビリヤードのゲームは、これ以前にも「ルナーボール」というのを遊んだことがあったが、正式なビリヤードのルールにのっとって作られていたのは、このゲームが最初だったと思う。
ナインボールのちゃんとしたルールをこのゲームで初めて知った。
他にもいくつかのルールのモードもあったが、ナインボールが面白く、そればかり遊んでいたように記憶している。

このゲームのおかげで、実際のビリヤードは触ったことも無いのだが、ルールにだけは詳しくなってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これって雰囲気が大人っぽかった事だけ覚えております(汗)
トムクルーズ&ポールニューマンの映画の影響が色濃かったあたり、
時代を感じますね。

>どらおさん、
「ハスラー」は、見ていないのですが、
当時の人気は、記憶に残っております。
ビリヤードに対するイメージが変わった映画でしたね。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。