スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOIDS~中央大陸の戦い

このファミコンソフトが発売されたのは1987年9月。私が購入して遊んだのも1987年9月のことであった。

ZOIDSは、当時流行していた玩具で、我が家の玄関にも私が組み立てたシールドライガーが飾ってあった。来客がある度に「息子さん、組み立てるのがお上手ですね」と言われ、そのつど「いえ私の趣味です」と答えて、やや退かれていたのも、今となっては懐かしい思い出である。

ゲームのZOIDSは、RPGだが、戦闘は視界360度のシューティングだった。なんとか無事にクリアすることはできたが、シューティングは苦手なので慣れるまでは大変だった。

このゲームでの一番の思い出は、最初の町で恋人らしきキャラクターに「いかないで」と言われ、そのまま「はい」を選んで始まったとたんにゲームオーバーになったことである。
後のゲームでは、こういうパターンは結構経験したが、この時は初めてだったので、かなり衝撃的であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その頃は中途半端なお年頃(笑)だったのと
懐も寒かったので、
ZOID自体はプテラスくらいしか買いませんでしたが、
ファミコンはこれの続編の「ZOID2ゼネバスの逆襲」を遊びました。
そちらも彼女が留守中に死んだり最後に霊が出たりと
衝撃的な展開が多かったです(汗)
で、同時期に出たFF2と同時進行で友人と遊んでましたけど、
双方ZOID2の方が面白いという結論でした(^^;
1は街中を歩いててもグラフィックがゾイドだったので敬遠してましたが、
やっぱり遊んでおけば良かったと思います。

>どらおさん、
あくまで私の好みでシールドライガーを飾っておりましたが、
他にもいくつかのZOIDSを作った記憶があります。
セメダインを使わず手軽に組み立てられるのが良かったです。
プラモデル作りは、小学校時代からの趣味で、
怪獣、サンダーバード、スーパーカー、楽器、
しまいにはお城や帆船まで作りました。

私もZOIDS2を遊んでクリアした記録が残っているのですが、
記憶に残っているのは、1の方ばかりです。
ひょっとしたら、1と2の記憶がごっちゃになっているのかもしれませんけど。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。