スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレオパトラの魔宝

このファミコンディスクシステムのソフトが発売されたのは1987年7月。私が購入して遊んだのは1987年8月のことであった。

3Dのマップを進み謎を解きながら、突然出現する敵との戦闘もあるという、アドベンチャーとRPGの両方の要素があるゲームだった。
物語の舞台はエジプトで、主人公の目的は、悪霊にとりつかれて失踪した考古学者の父を助け出すことである。
謎解きで悩んだ記憶も、戦闘で苦労した記憶も無い。しかし、このゲームのバランスは、ラスボスとの戦闘に勝てるかどうかも運しだいの所があるらしく、かなりきつめだったようなので、苦労した記憶の無い私は、運が良かったのかもしれない。
ひねくれた所の無い素直なアドベンチャーゲームという印象が強い。

当時としては、スフィンクスのグラフィックが綺麗に描かれていたことが記憶に残っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は運と言うより根気が無かったのだと思いますが、
これまた投げてしまいました(汗)
ショップのお姉さんが可愛かった記憶があるのですけど、
彼女はストーリー上、重要な役回りだったみたいですね(^^;

No title

>どらおさん、
クリアしてもストーリーの詳細を忘れてしまっていては甲斐が無いです。
途中で攻略に悩んでいれば、印象に残ったのでしょうけれど。
タイトルとスフィンクスの絵は覚えているのですが、
ショップのお姉さんのことは、残念ながら思い出せません。
ネットで調べたら、超重要人物っぽいです。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。