スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゾラーランド 第2号

このファミコンディスクシステムのソフトが発売されたのは1987年6月。私が購入して遊んだのも1987年6月のことであった。

創刊号との一番の違いは、お便りコーナーがついて、より「雑誌」らしくなっているところである。
収録されているゲームも、「ナゾラークイズ」が日本1周から世界1周になるなど、豪華になった印象がある。
ミニゲームの数々も、パネルをひっくり返して同じ色にする「パタリック」や、爆弾を使った脱出ゲーム「爆風トモちゃん」など、今でも記憶に残るものがあった。

ドット絵が描けるツールも付いていて、出来た作品を次号のコンテストに応募できるという試みもあったが、ドット絵を描くことの難しさを再認識しただけで終わってしまった。お題の「女の子を描く」ということには、やや自信があっただけに、ちょっと凹んだ記憶がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに、当時のお絵かきツールは根気やら何やら一筋縄でいく物じゃ無かったですね(汗)。ナゾラークイズは一番楽しみでした♪ ところでトモちゃんの元ネタが原田知世って当時の人しか分らなさそう・・・

>どらおさん、
トモちゃんの元ネタは知りませんでした。
確かに原田知世さんは、当時人気でしたね。
第3号には、あのお絵かきツールで作ったとは思えないような力作が発表され
世の中には凄い人たちがいるものだと驚きました。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。