スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿中央公園殺人事件

このファミコンディスクシステムのソフトが発売されたのは1987年4月。私が購入して遊んだのも1987年4月のことであった。

現在も続いている「探偵 神宮寺三郎シリーズ」の第1作目。推理アドベンチャーは、そう何度も繰り返し遊ぶものでは無かったので、書き換え可能なディスクでの発売は、遊ぶ方にとっても都合が良かったと思う。

今年発売された「探偵 神宮寺三郎 いにしえの記憶」の中に、過去の事件ファイルとして、同じタイトルのシナリオが遊べるようになっているが、そちらはリメイクされたもので、殺人現場と被害者のみが同じだけの、犯人も動機も全く異なるものだった。
ディスク版のシナリオには、かなり無理があるが、一応トリックのようなものがある分だけ、話を追うだけで犯人がわかってしまうリメイク版よりは凝ったシナリオだという捉え方もできる。
かなり意地悪だったといわれるディスク版よりは、リメイク版の方が、断然遊びやすいことは確かである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

当時、マップの広さに音をあげて断念したので、
DS版はリベンジのつもりで買ったのですが、
なかなかに衝撃的なこの記事でありました(汗
これじゃ、当時のプレイを思い出したいって方にも逆効果ですし、
本来の意味でのリメイクとは違うと思うのですが・・・

>どらおさん、
新宿中央公園で女性の他殺死体が発見されたという事以外は、
動機も犯人も全く違う作品を同名タイトルにしてしまうことは、
確かに、色々と誤解を呼んでしまうと思います。
私も懐かしさでDS版に手をつけたのですが、
リメイク版を遊ぶといつもなら蘇ってくる感覚が
DS版にあまり無いことに戸惑いました。
まあ「もうひとつの新宿中央公園殺人事件」としてなら、
充分に楽しめると思います。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。