スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトッキー

このファミコンディスクシステムのソフトが発売されたのは1987年3月。私が購入して遊んだのも1987年3月のことであった。

一見、横スクロールのシューティングゲームのように見えるが、攻撃する度に、たとえそれが空振りであっても、気持ちのよい音がして、連続して攻撃ボタンを押していると気持ちのよい旋律になるのが楽しかった。攻撃を繰り出す方向によって、音の高さなどもコントロールできた。
1つのステージをクリアすると、敵キャラのいなくなったそのステージを自由に飛びまわりながら演奏を楽しむことが出来た。
一定数のステージをクリアすると、自由に作曲できるモードが追加されるのだが、私の腕では、そこまで辿り着くことは出来なかった。

実は、そのモードを目当てに発売日に買ったので、いつまでも心残りな1本となった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

元祖音ゲーみたいな評価はされている作品ですが、
本当に早すぎたゲームだと思います。
バーチャルコンソールでリモコン操作とか出来たら、
面白そうな気がするんですが・・・

>どらおさん、
確かに、きっと今遊んでも面白い作品だと思います。
ポポポ・・・という心地よい音は、今でも覚えております。
Wiiで復活してくれたら、今度こそ、
作曲モードを体験してみたいものです。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。