スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカノイド

このファミコンソフトが発売されたのは1986年12月。私が購入して遊んだのは1987年2月のことであった。

実物がもう手元に無いので確認はできないが、このゲームは専用のダイヤル型コントローラー付きだったと記憶している。
私が初めて遊んだビデオゲームは、子供の頃、温泉旅館で遊んだモノクロのブロック崩しだったので、たぶん懐かしさも手伝って買ったのだろう。温泉旅館のブロック崩しは、モニターの表面に色の付いたセロファンを貼り付けてカラーのように見せかけていたが、このファミコンのブロック崩しは、正真正銘のカラーだった。

直前までずっとドラゴンクエスト2で遊んでいて、気分転換に買ったのだが、やはりクリアは出来なかった。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルカノイドアルカノイド(Arkanoid)はタイトーが、「ブロックくずし」から丁度10年たって発表した、第二次ブロックくずしブームのきっかけとなったゲーム名、および本作含む4作のシリーズの総称である。その当時既に古典とされていたブロックくずしだが、画面上部を動き回

コメントの投稿

非公開コメント

当時って、インベーダーもセロファンでカラーぶってましたね~。
自分が居た「なつゲー」にアルカノイドがあったのですが、
もの凄く上手い人がたくさん居てビックリしました(汗)
自分は玉が増えたりすると、逆に焦って自爆しますv-12

そうそう画面にセロファンテープで色付けしていましたね~トオイメ…w
ブロックくずしみたいなテニスも有りましたぁ~

アルカノイドって言えばドラえもんの大山のぶ代さんがすごいですよね~あのお歳で\100で最後までクリアするそうで、公式2位の120万点を保持されているとか?

ブロック壊して落ちてくるアイテムに気を取られて失敗するパターンにハマッてしまいますね~(^^

>どらおさん、
私が旅館で遊んだのはインベーダーより大分前でしたが、
そういえば、インベーダーもまだモノクロでしたね。
Macでもブロック崩しが遊べたので、時折遊んでいましたが、
私は、ブロックの裏に入ったボールが、
裏側を掻き回して降りてくる時のスピードに、
いつもついていけませんでした。


>コロロ軍曹さん、
テニスもありましたね~。
ラケットが2個並んだだけのダブルスとかもありました。

大山のぶ代さん、お上手なんですね~!
自分の下手さを年のせいには出来なくなります。

私は、落ちてくるアイテムで、
ブロックが撃てるようになるやつを取ると、
大概、射撃に夢中になってミスしてしまいます~。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。