スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンバスター

このファミコンソフトが発売されたのは1987年1月。私が購入して遊んだのも1987年1月のことであった。

お姫様を助けるために行く手を阻むモンスターを倒しながら進んでいくアクションゲームで、攻略ルートが複数あり、マップ上の道を自由に選んで進めることが出来た。各ラウンドの最後にはドラゴンがいることから、このようなタイトルがつけられているようだ。

いくつかのゲームをクリアして、アクションゲームの腕前が上がったのではないかと思って挑戦してみたが、完全な勘違いであった。
ヒットしたゲームの移植ということで発売前から評判が高く、雑誌の論調に乗せられて勢いで購入してしまったが、当時の攻略メモを見ると、ラウンド2をクリアしたところで指が痛くなって挫折したようである。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファミコンソフト ドラゴンバスター

アーケード作品をファミコンソフトに移植。 敵を倒しながらダンジョンをクリアしていくアクションRPG。 ルールは単純だが、主人公の華麗な剣...

コメントの投稿

非公開コメント

自分も一面のボスだけ倒した気がします(汗)
アクションゲームの中でも、横視点のは特に苦手です~v-12

ドラゴンバスターって、
金色のカセットでしたか…?
もしそれなら、何故か好きで結構やっていた記憶がw
でも、マップの上を自由に歩いたという
思い出はないので、違うかな…

ファミコンソフトは、クリアできないものばかりでしたw

>どらおさん、
最初のラウンドは、まだ全体マップが小さくて
ゴールが見えていたので頑張りました。
ラウンドが進むごとにマップが広くなって、
ゴールが画面の外になってしまった辺りで挫折しました。


>ひなじさん、
カセットの色は覚えていないのですが、
調べた所、どうやら金色だったようです。
マップは、全体マップに森や洞窟などが点在していて、
ゴールまでにいくつかの分岐点があり、
森を通らずに洞窟を通るとか、
自分で行きたいルートを選べました。

私もアクションゲームは
ほとんどクリア出来たためしがありません(笑)
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。