スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時空の旅人

このファミコンソフトが発売されたのは1986年12月。私が購入して遊んだのは1987年1月のことであった。
タイムマシンで歴史上の人物に会いに行き、その後の歴史を変えるアドベンチャーゲームと聞いて、歴史とアドベンチャーが好きだった私は飛びついたわけだが、選択肢が「はい」「いいえ」のみだったので、簡単にエンディングにたどりつく事が出来た。複数のエンディングがあったが、すべてを見るのに、さしたる時間はかからなかった。
少し物足りない気分で遊び終えたが、当時の私には、「こんなものなのかな」というぐらいの感想しかなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アニメ映画のゲーム化だったと思うのですが、両方興味がありつつも、結局両方とも未経験のままです。ゲームはトホホ作品として挙げられたりするので何ですが、アニメは今からでも見たい気がしますv-233

>どらおさん、
原作の小説とのギャップが激しいらしいですが、
ゲームしか知らないので、
さほどトホホな印象は、当時無かったです。
今考えると、充分トホホな作品ですね。

アニメの方は調べてみたら、
真崎守の名前があって、懐かしかったです。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。