スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルテナの鏡

このゲームが発売されたのは、1986年12月のことであった。これは、天使のピットを操作して天界に囚われた女神パルテナを救い出すというファミコンディスクシステムのアクションゲームである。発売と同時に購入したものの、アクションの下手な私には、エンディングを見ることは出来なかった。それでも、クリアまであと少しの所まで何とか進めた記憶がある。ピットを見つけると子供を呼ぶ死神が脅威だった。

Wiiで開発中の「大乱闘スマッシュブラザーズ」に、このゲームの主人公ピットが登場すると聞き、懐かしくなって昨年GBA版(ファミコンミニ)を購入して再挑戦してみたが、年を取った分だけ下手さに磨きがかかったようで、昔到達できた所にすら辿り着けなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今でこそ、絶妙なバランスと言われる任天堂作品ですが、
この頃は理不尽に難しいゲームも結構ありましたね。
ディスクだと他に村雨城とか・・・。

ミスターゲームウォッチが最初から使えるといいなぁ~♪

>どらおさん、
この頃は、何度でもコンティニューが出来るというだけでも、
嬉しかったりしたものですが、
このゲームは、ゲームオーバーがありましたね。
村雨城は、幸いなことにというか、遊んだことがありません。

スマブラは、1人プレイで隠し要素を出した後は、
たぶん、息子にぼこぼこにされて終わります~。

はじめまして!
パルテナの鏡は、ディスクシステムでクリアしましたよ!
WiiのVCでダウンロードしましたが、テーマ音楽や効果音が郷愁に誘われました。ゲームの方は、今の歳では、とてもクリア出来るレベルじゃないなぁ~と思ってメモリーカードへ移しました。

>コロロ軍曹さん、
はじめまして。コメントありがとうございます。
クリアなさったとは、なかなかの腕前とお見受けいたします。
今はWiiでもダウンロードできるのですね。
総じて昔のゲームの方が難易度が高く感じます。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。