スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイトン教授と不思議な町

昔、ちょっとしたブームだった「頭の体操」というパズルを上手くゲームに組み込んだ謎解きアドベンチャーです。
小学生のころ、夢中で読んだ懐かしい問題がそのまま再現されていて、楽しかったのですが、答えを記憶している問題がそのまま出題されていて、半分ぐらいは即答できてしまいました。どのパズルも、ちょっと発想を転換するだけで、難しい計算をすることもなく答えを導き出せてしまいます。解答欄に4桁の枠が用意されていても、答えは「1」だったり。
DSのゲームになったことで、昔は頭の中で考えていた天秤とおもりを使ったパズルや、ミルクを注ぎ分けるパズルが、実際にタッチパネル上でやってみることが出来るので、俄然面白くなっています。本で解いていたときは、本に書き込んで、叱られたりしていましたが、タッチパネルなら自由に書き込んで、それを一瞬で消す事もできます。難を言えば、書くスペースが狭いことでしょうか。
気になったのは、問題を解く前に出る注意書きが、タッチパネルに触れるだけですぐに消えてしまって読むことが出来なかったことです。慌て者の私は、解答欄に答えの数字を右詰で書くようにという注意書きを見逃してしまって、左詰で書き続け、何度も不正解にされてしまいました。手書き数字の認識も他の脳トレ系ソフトに比べて、少し悪いように思いました。
町の中を謎を探して歩き回るときも、移動の矢印をタッチして認識される位置が、マップによって上下にずれていることがあって、続編では改善されているといいなあと思います。

買ってきた日にエンディングを見て、翌日にはすべての謎を解いてしまったのですが、今は週1回Wi-Fiで配信される問題をゆっくり解きながら、続編の発売を楽しみに待とうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : レイトン教授と不思議な町
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

何とも

素晴らしいスピードですね~♪

自分は数冊読んだだけなので、
知らない問題も結構あって楽しんでます。
液体の移しかえとか、実際遊びやすいですね。

そうそう、認識は自分もストレスです。
一回前に押したところが反応したりとか、
任天堂のものに比べてこなれてないような・・・

>どらおさん、
今年の目標は、
なるべく積まないようにということなので、
今年買ったゲームは頑張ってクリアしてます。
(去年の分はかなり積んでますが・・・)

前に押した所にいつまでも反応していることは
確かに、よくありますね。
細かい所ですが、ストレスになるので、
次の時には直っているといいですね。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。