スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの青い薔薇

せたけ村石たたき隊の郵便受けが、ハッピールームからの手紙で溢れていました。それも、全部同じ点数で。

せたけ村のジローです。中の人が昨夜「風来のシレンDS]で、最初のエンディングを見たそうで、今朝は珍しくデパートが開店する前から村に来て、レア花の水やりをしていました。最近は、他のゲームに夢中になっても、一区切りつくと村に帰ってくるという感じです。今朝も、昨夜の激闘を振り返りながら、のんびり水やりをしていました。

そして、リンゴの木の陰に隠れるようにして青い薔薇が咲いているのを見つけました。せたけ村では初めての青薔薇でした。もちろん、うっかり枯らさないように、ちゃんとよく見える場所に移植しておきました。
この間、しばらく放置していたら、レア花壇に赤い薔薇がはびこってしまったので、昨日、大量処分を敢行したばかりでした。やはり、花の数を減らすとレアな花が咲きやすいのでしょうか。

しばらく疎遠になっていた村ですが、青薔薇も咲いたことだし、Wiiの「どうぶつの森」との連動もあるかもしれないし、クリスマスには、今年も何かもらえるかもしれないという下心も秘めつつ、見守っていきたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

青バラ、おめでとうございまっす!

しばらく立ち上げていないと、
ガーデニング趣味の住人さんが
おびただしい数のお花を植えているので、
計画的に植えたい私としては、処分が大変ですw

ニンテンドーからのお手紙、来ますかね~♪

>ひなじさん、
ありがとうございます♪

しばらく行かないでいると、
タイトル画面で表示された村の様子を見て、
どこの村かと思ってしまいますw
動物さんの顔ぶれも変わってしまって・・・。

初めてのプレイヤーも多いでしょうから、
クリスマスやお正月には、きっと何かあると思いますよ~♪

青バラおめでとうございます♪

僕の家にも一輪飾ってありますよ(*'-')
村は放置して長い事経ってますが、花しか置いていない部屋には黒い虫が出ないので安心ですw

去年、今年初めのお手紙はかなり嬉しかったのを覚えています♪

>ファンさん、
ありがとうございます。

お花しか置いていない部屋には、Gがでないんですか!?
知らなかったです~。

去年のクリスマスと今年のお正月に貰ったプレゼントは、
今も森の家に飾ってあります。
一番嬉しかったのは社長さんからのお手紙でしたけどね♪

青バラおめでとうございます!

本当に、住民の方々がたくさんの花を植えるので、
処分には自分も困っています(汗
クリスマス、何かプレゼントがあるといいですね♪

>ケイタさん、
ありがとうございます~♪

私は自分の家の周りと門の前しか水やりをしないので、
動物さんが植えた花は、
いつの間にか淘汰されてしまいます。

クリスマスプレゼントは何でしょうね~♪
(すっかりあると決めてかかってますw)

岩田社長から手紙が届いたのは正月でしたよね。
ゲーム中とは言え、社長からのメッセージが届くなんて
スゴイなぁ…と思いました。

岩田社長については、調べれば調べるほど、
「なんて良い人なんだ!」と感心しっぱなしです、
岩田社長、やるなぁ…(^ー^;)。

>むっちさん、
64版GC版を通じて、
ゲーム開始時に社長さんからファミコンが送られてくるのが、
「どうぶつの森」のお約束でした。

岩田さんには、ハル研の頃から注目していたので、
社長になった時は、ビックリしたと同時に、
みんな見る目があるなあと嬉しかったです。

こんばんは。

青バラーーーーー!!!
すごいですーー!!!
いいなぁいいなぁ…
ていうか、おめでとうございます!

>メリヤスの親友さん、
こんばんは。
ありがとうございます。
青薔薇が咲いた翌日、
移植した青薔薇の隣にもう1輪、
青薔薇が咲きました♪
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。