スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊

ポケモンが好きで、不思議のダンジョンシリーズのファンでもある私が、このソフトを無視して通り過ぎることなど出来ない。いかに、先週購入した「牧場物語」が佳境であろうとも、来週発売になる「おいでよ!どうぶつの森」に備えて出費を抑えなくてはならない状況であろうとも、このパッケージを手に取ってしまったら、何もかもかなぐり捨ててダンジョンに突入するしかない。
迷わず「赤の救助隊」と「青の救助隊」を持ってショップのレジへ行くと、更に上を行くショップのお姉さんの意外な言葉が。
 「1本ずつでよろしいんですね?」
どうやら2本ずつ買う猛者がいるらしい。

家に帰って早速プレイ。いつものように取扱説明書は読まない。読まずとも、基本的にダンジョン内の操作はスーパーファミコン版風来のシレンと同じようだ。アイテム名は、ポケモンシリーズから、システムは不思議のダンジョンシリーズから継承されているようだ。最初のダンジョンでは持ち物が1個しか持てなくて慌てたが、次のダンジョンに入る前に店、倉庫、銀行などの施設が利用可能になり、いよいよ本格的なダンジョン探索が始まった。
ダンジョンを出てもレベルが下がらなかったり、アイテムをいくつでも持ち込めたり、ポケモン達の繰り出す技がかなり強めだったりと、難易度は予想通り低めであるが、どうやら、レベル1からで、かつアイテムも持ち込めないダンジョンも登場するようなので、シレンファンにとってもやりごたえは充分ありそうである。
現在、私がDSの「青」息子がGBAの「赤」を遊んでいるのだが、お互いに、通信の友達救助を体験したくて、相手がダンジョンで倒れるのを虎視眈々と待ち望んでいるところである。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。