スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロ

1984年10月発売。私が購入したのは1986年11月であった。

オセロは、学生時代からマグネットのものでよく遊んでいた。一方の色が1個以下になる負け方を「沈黙負け」と呼ぶのが楽しかった。
オセロでは負けないと思っていたが、このディスクシステムのオセロを遊んでみて、自分が井の中の蛙だったことを思い知った。

このソフトは片面にしかデータが入っていなかったので、空いた片面に好きなゲームを書き込んで遊ぶことが出来た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

冷静に考えると、
一本当りの容量が少ないという事なんですが、
当時は、2本入って得だなと思ってました(汗)
色違いでリバーシになってしまうとは、
思いもよりませんでした~

>どらおさん、
オセロという名前が登録商標になっていて、
使うことが出来なかったのでリバーシになったと
どこかで聞きましたが、
このディスク版の発売元は、商標を持っていたカワダでした。
プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。