スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影薄い天然記念物

ローテーション制になっても何故か水やりの出番が多い、せたけ村のジローです。どうも中の人がボタン連打しているらしいです。

金の薔薇とタンポポのおかげで水やりの手間が半分になったので、久しぶりに動物さんと親交を深めてみましたが、

「あんまり顔を出さないから天然記念物に指定されちまったのかと思った」
「ただでさえ影が薄いんだからこまめに顔みせなきゃダメよ」
「もしかして誰かに追われてたりするの?」

と、散々な言われようでした。

今度彼らと話すのは何週間先になることだろうかと思う、影の薄い天然記念物のジローでした。
スポンサーサイト

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

ウィッシュルーム 天使の記憶

まるで小説の挿絵のような独特なタッチの絵。縦になったDSの画面の左右で交わされる様々な会話。舞台は70年代のアメリカ。小さなホテルでの一夜の物語・・・。
「ウィッシュルーム 天使の記憶」は先週発売されたばかりのDS用アドベンチャーゲームソフトです。

人々の話を聞き、質問を繰り返しながら物語の真相に迫っていく過程は、地味ですが、ついつい引き込まれる面白さがあります。少しずつ楽しもうと決めていたのに、先が気になってやめられず、物語の登場人物と一緒に夜を明かしてしまいました。
以前に発売されたDSソフト「アナザーコード」と同様に、この作品も1回のプレイでは謎の全容は明かされないようですので、2回目は、急ぐことなくじっくりと楽しみたいと思います。

ある謎解きで、正解は解っているのに指摘が上手く認識してもらえず、ストレスを感じました。それ以外の部分では非常に快適に遊べたのでちょっと残念でした。

テーマ : ウィッシュルーム
ジャンル : ゲーム

後ろめたいこと

何故か、最近、村にタンポポのわたげが増えてしまったせたけ村です。
門前の原っぱに全部集めたと思ったのに、あっちこっちでわたげが増殖中です。暮にもらったクラッカーを役場の前に出しっぱなしにしているせいで、環境が悪くなっているからかもしれません。

環境が悪くなると犯罪が多発するというのは「シムシティー」や「タワー」でもお約束ですが、せたけ村でもローランさんに頼まれた配達の壁紙を配達せずに横取りしてしまうという、窃盗事件が発生しました。

続きを読む

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

枯れない花

せたけ村のジローです。「世界樹の迷宮」探索に忙しい中の人が、水やりで楽をしようと、枯れない花壇を製作中です。

どうぶつの森には、水やりをしなくても枯れない植物がいくつかありますが、今回、目をつけたのは「金の薔薇」と「タンポポのわたげ」です。
門の前を飾る「歓迎」の横断幕を金の薔薇で縁取り、その先にあったスズラン群生地のスズランをすべて撤去して、タンポポのわたげの原っぱに変えました。これで門の前の花壇の水やりは不要になりました。
群生地のスズランは、枯れないように部屋の中にびっしりと飾りました。

楽が出来ると喜んだのも束の間、いつもより家の周囲のレア花壇に枯れた花が多くなった気がするのです・・・。

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

世界樹の迷宮

親切なウィザードリィ。
それが新作ゲーム「世界樹の迷宮」を、半日プレイしての正直な感想です。
3DダンジョンRPGというジャンルの持つ楽しさをもっと広く世間に知らしめたいという製作者の意図が、細部からも伝わってくる丁寧な作りに、まず感心しました。

この作品は、オートマッピングでは決して味わえない、3Dダンジョンの手書きマッピングの楽しさを見事にゲームの中に組み込んでくれました。
戦闘中であってもマップに書き込みができるのが、地味に嬉しいです。それが出来なかったために、これまでは、オートマッピング機能がついているゲームでもいちいちマップを方眼紙に書き写していたのです。
そして、マップにコメントを書き込めることで、方眼紙を超えてしまいました。方眼紙に書くときはコメントをマップから引き出し線で欄外に引っ張っていって書き込んでいたのですが、面倒だったし、非常にわかりづらかったのです。床を塗るための蛍光ペンの消耗が無いのも、経済的で大助かりです。
今回「世界樹の迷宮」を遊ぶのに、念のためにと新品の方眼紙を用意しておいたのですが、不要になりました。どの階のマップも、町に戻ってもちゃんと見ることが出来ます。次はこの辺まで行ってみようかと町で休息をとりながら思いめぐらすのも、また楽しいものです。

特典CDのリーフレットの中で、製作者自身が語っているように、私も「こんなゲームを待っていた」者の一人として、この迷宮世界を心ゆくまで楽しませてもらおうと思っています。

ただ1点、セーブ時に表示される「セーブに成功しました」というメッセージは、失敗があるのか?という不安感を持つのでやめて欲しかったと思いました。どきどきするのは、迷宮の中だけで充分です。

テーマ : 世界樹の迷宮
ジャンル : ゲーム

デッドゾーン

1986年11月発売。私が購入したのは1986年12月であった。

ファミコンディスクシステムの脱出型SFアドベンチャーゲームである。ストーリーのラストで思わず泣いてしまったのは、今でもはっきりと覚えているのだが、細かい謎解き部分は忘れてしまった。最初のゴミ捨て場からの脱出に最も苦労した記憶がある。
もし、Wiiで遊べるようになったら、ぜひ購入してみたい作品である。

ファミコンのゲームで、音声が流れるというのも当時は珍しかった。
相棒のロボットの「キャリーで~す」という声は、始めは耳障りだったが、クリア後は愛おしくなったものである。

ローテーション

新年会からゴキゲンな様子で帰還したシゴトニンを物陰からこっそり見ている、せたけ村のジローです。お星様にお土産まで貰ったようですが、そのお土産は「セメントミキサー」だったらしいです。

最近、せたけ村では、水やりがローテーション制になり、ジローの出番は4日に1回になりました。楽になったのは良いのですが、石たたき隊の隊員たちが金のジョウロで水をやったものだから、レア花壇の黒薔薇が、すべて金の薔薇になってしまいました。

新年会に行ったシゴトニンについてきたのか、せたけ村に10日ぶりの新しいどうぶつさんが来ました。忍者うさぎのモモチです。
発見した時には、すでにすっかり村に溶け込んで、ブーケと世間話をしていました。さすが忍者と感心しました。話しかけても出身を明かさないのも忍者ゆえでしょうか。

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

ドラゴンクエストモンスターズ・ジョーカー

フィールドを闊歩する等身大のモンスターたち。接触すると戦闘に突入する。小高い丘の上からギガンテスの頭が見えたので駆け下りて接触したのは、相手のふくらはぎあたり。
迷い込んだ謎の島では小山のようなドラゴンたちが、牙をむいて迫ってくる。DSの小さな画面でも臨場感は充分伝わる。

これまでのシリーズでは、モンスターが仲間になりたがるまで倒し続けなければならなかったが、本作では「スカウト」することでこちらから誘うことができるようになった。こちらの実力によって成功率が表示されるのだが、成功率75%でも断ってくるモンスターもいれば、成功率1桁でも応じてくれる場合もある。そんなモンスターには、こちらの思い入れも強くなる。強いモンスターと配合して育てあげれば更に愛着も湧く。

Wi-Fiに繋いで自分のパーティーを登録すれば、全国ランキングを見ることが出来るのだが、ゲーム内でチャンピオンになったばかりの私のパーティーは2万位以内にすら入れなかった。ダウンロード対戦も一番弱いチームが1000~2500位前後では、全く勝負にならないので、せめて1回戦目ぐらいは、自分と同レベルの相手と戦わせて欲しいと思う。

シナリオもサブイベントも面白かったので、もう一度遊びたいのだが、愛着のあるモンスターたちが記録されているセーブデータを消すに忍びなく、2回目は出来ずにいる。

テーマ : ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
ジャンル : ゲーム

引越したというデマは誰が流した?

話しかけたどうぶつさんに「引越したんじゃなかったの?」と言われた、せたけ村のジローです。どおりで最近誕生日のお誘いもお別れのお手紙もないと思ったら・・・。
昨年はポストにびっしりと来ていたどうぶつさんからの年賀状も、今年は1通だけでした。

水やりをシゴトニンにまかせて、ジローの中の人は「ドラクエモンスターズ ジョーカー」で遊んでいますが、少し前まで遊んでいた「風来のシレン」の最強の敵がフリーズだったのに対して、今回の最大の敵は、睡魔です。ちくちくとレベル上げをしていると眠くなるのです。
眠気覚ましに年賀に貰った良いお茶を入れて飲んだら、今度は眠れなくなって、新年早々、明け方の4時まで、レベル上げをしていました。

今朝のせたけ村には、ししょーが来ていました。「キミ誰だっけ」といういつもの冗談が冗談に聞こえないくらいご無沙汰していました。

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

2回目のお正月

昨年に引き続き、森のカウントダウンで年を越したせたけ村のジローです。あけましておめでとうございます。クラッカー3連発も、村長さんと二人では、盛り上がりに欠けました。

0時前と後にWi-Fiに繋いでみたら、ニンテンドーさんからのお手紙が、今年はちゃんと届きました。昨年のお正月は、夜のうちは繋がらなくて元日の朝、ようやく受け取れたのでした。
どこの門も開いていなかったので、プレゼントだけ貰っておしまいにした、ちゃっかり者のジローです。

一夜明けて、手紙欄がいっぱいなジローに代わっておみくじを貰ったシゴトニンの今年の運勢は「大吉」でありました。

今年もよろしくお願いいたします。

テーマ : おいでよ どうぶつの森
ジャンル : ゲーム

プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。