スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1992年

この年の夏、メガドライブを買う。テレビのCMで見た、シャイニングフォースをどうしても遊びたかったからである。この年、面白いゲームはたくさんあったが、掘り出し物と思えたのは、ソウルブレイダー、カエルの為に鐘は鳴る、レンタヒーローなどである。

購入したゲームのリスト

続きを読む

スポンサーサイト

1991年

この年後半から、スーパーファミコンのゲームを色々買い始める。ファミコンでは、パズルゲームをよく買った。この年、面白かったソフトは、いただきストリート、シムシティー、ファイナルファンタジー4、ゼルダの伝説など。ほとんど遊ばなかったのは、中古で買った、ガデュリンとチャイルズクエスト。

購入したゲームのリスト

続きを読む

1990年

この年の12月にスーパーファミコンを買った。ファミコンでは、相変わらず、RPGや、歴史シミュレーションゲームを遊んだ。行きつけのショップで、ディスクの書き換えサービスを止めてしまったのが結構ショックだった。この年は、ドラゴンクエスト4、ウィザードリィ3,ファイアーエムブレムなどが、面白かった。ゲームボーイでは、SAGAシリーズやパズルゲームを買った。せっかく買ったのに、あまり遊べなかったソフトは、息子に取られた、SAGA2。

購入したゲームのリスト

続きを読む

1989年

この年、ゲームボーイを買う。一方で、ディスクシステムのゲームをあまり遊ばなくなり、代わりに、ファミコンのRPGと歴史シミュレーションをたくさん買った。一番はまったのは、ジンギスカン。記憶に残っているのは、天地を喰らうの戦闘モードの曲。買ってしまって凹んだのは、中古で千円しなかった、星をみるひと。

購入したゲームのリスト

続きを読む

突撃!!ファミコンウォーズ

今日発売のゲームキューブソフト、「突撃!!ファミコンウォーズ」を買ったので、早速最初の2ステージを遊んでみました。例によって、説明書は読んでいません。最初のステージは、予想通りのチュートリアルで、説明書を読まない私でも、教官がリアルタイムに出してくれる指示に従って、さくさくと進めました。ただ、途中、あまり風景が綺麗なので、寄り道して眺めたり、川で遊んだりしていたら、敵のスパイを見失ってしまって、大きくタイムロスしてしまいました。2ステージ目では、いよいよ戦争が始まってしまって、実戦になります。敵もガンガン銃撃してくるので、寄り道している暇はありません。指揮官の指示も読んでいる余裕が無く、困ったなあと思っていた矢先、指揮官が、読み飛ばしたメッセージの確認の仕方を教えてくれました。何て親切なんだ。そうやって、手取り足取り教えて貰いながら、2ステージ目も無事にクリア。ここまでは、とても楽しかったのだが、不安が1つ。相手国が仕掛けてきた戦争だというのに、戦場が、どんどん相手国の首都に近づいて行ってるのは、気のせいでしょうか。ほんとは、こっちから侵略しているんじゃないのかなあ。

テーマ : 任天堂
ジャンル : ゲーム

番犬

ずっと気になっていたBlog Petというのを飼ってみた。ブログの記事から言葉を覚えていろいろ喋るらしい。いつものクセで、適当に、ジローと名付けた。そのせいだろうか、今日は、こんな俳句を作っていた。

 考える なってしまった 名前かな

あまり考えずに名前を付けたことを少し反省した。
その後は、「ソフト」「ショップ」「購入」などと、ゲームショップの回し者のように連呼していた。と思えば、いきなり「ソフトあげようか?」などと、嬉しいことを言い出したりして、なかなか面白い。いろいろ喋らせていたら、終いに、寝そべって「ゲーム、あぁ、超えた・・・」とつぶやいていたが、何のことなのか、とても気になった。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

1988年

この年は、以前ファミコンで発売されたソフトが、いくつかディスクで書き換え出来るようになったため、古いソフトを求めて中古ショップを訪ねるようになった。ドラゴンクエスト3をはじめとするRPGも沢山発売された。この頃から、光栄の歴史シミュレーションのシリーズを買うようになった。この年一番はまったのは、ウィザードリィ。印象に残っているのはファミコンウォーズのCM。買って後悔したソフトは記憶にない。

購入したゲームのリスト

続きを読む

1987年

この年、ファミコンディスクシステムの書き換えサービスを利用して、沢山のゲームに触れる。ドラゴンクエスト2、新・鬼ヶ島、ファイナルファンタジーなど、面白いゲームが沢山あったが、個人的には、銀河の三人が良かった。買って一番凹んだソフトは、シャーロックホームズ。

購入したゲームのリスト

続きを読む

1986年

この年、初めてファミリーコンピューターを購入する。すっかり、夢中になり、8月にはディスクシステムも購入する。ソフトは、何が面白いのか見当もつかなかったので、手当たり次第に買う。この年、一番感動したソフトは、デッドゾーン。楽しかったのは、ドラゴンクエスト。ある意味記憶に残っているのは、たけしの挑戦状。

この年に購入したゲームのリスト

続きを読む

データベース

今から10年ぐらい前、パソコンでゲームのデータベースを作ったことがあった。その時点で遊んだソフトの数は、現在の約半分、300本余りだった。
ゲームのタイトルと、購入年月、発売元、ジャンルなどを入力し、完成させた。そのデータベースは、親戚の子供達が、遊ぶゲームを探す時に重宝していたが、パソコンのOSが、DOSからWindowsに変わったり、仕事の都合でMacを使うようになったりしているうちに、開くこともなくなってしまった。Macで、追加分のデータベースを作ってみたが、結局面倒になってやめてしまった。
結局残ったのは、昔から付けている覚え書きのファイル1冊だけだ。ファイルの覚え書きによると、これまでに遊んだソフトが、10月のはじめで、777本を超えた。これからも、おそらく月に4~5本のペースで増え続けることだろう。ここいらで、昔を振り返って思うことなどをまとめてみようと思う。

主人公の名前

ゲームを始めると、まず、「名前を入れて下さい」といわれることがある。私は名前を考えるのが苦手なので、いつも同じ名前を入れる。主人公が男だったら「レオナ」女だったら「チヒロ」、どちらも手塚治虫の漫画「火の鳥」からの借り物である。主人公のイメージによっては、「ジロー」という名前にすることもある。「人造人間キカイダー」の主人公の名前だ。どうぶつの森のキャラクターや、nintendogsの子犬には、この名前を付けた。最近のDSのゲームでは、タッチペンで自分で書きこむ方式が増えた。それは、それで結構楽しい。名前の横に絵を描いたりして遊んでいる。

続きを読む

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

すれ違い通信

普段は「nintendogs」ですれ違い通信をしているが、駅の中継所が週末は”ぽんた”トラップ化するので、この期間を利用して「赤ちゃんはどこからくるの?」の”公園デビュー”と「ポケモントローゼ」の”諜報活動”にトライした。
結果は、どちらも思いっきり空振りであった。せっかく、息子のDSまで借りて、わざわざいつもは行かない駅向こうのショッピングモールまで足を伸ばしたが、徒労に終わった。鞄の中で、2台のDSが、やけに重かった。
「nintendogs」の時は発売日翌日からすれ違いが結構あったのだが、新作の2本のソフトは、プレイヤー人口もすれ違い通信の中身もイマイチなのだろうか?自分のメッセージを入れたエージェントカードの交換と、ハイスコアデータのやりとりが出来る「ポケモントローゼ」、コヅクリで生まれた赤ちゃんに、自分でデザインした模様のパターンを持たせて他の赤ちゃんと遊ばせる「赤ちゃんはどこからくるの?」。はまれば、どちらも楽しいと思う。ただ、すれ違えないことには、始まらない。すれ違い通信が気になるので、とにかく、1回でもすれ違えるまでは、トライし続けてみようと思うが、道は険しい。

テーマ : 任天堂
ジャンル : ゲーム

バックアップ

昼間、ブログに書き込もうとしたら、突然、今までの分も含めた全部の書き込みが消えてしまった。全部といっても、まだ始めてから4日目だから、記事も3件しかなかったが、結構ショックは大きかった。それで、改めてバックアップを取っておくことの必要性を感じた。たいした内容ではないが、データが消えた時の自分の心の平穏のために。

続きを読む

長かった・・・

発売日に買った、GC版のファイアーエムブレムをようやくクリアした。
森の中の4連戦のところで止まったまま、半年近く放置していた。
やろうやろうと思いつつも、nintendogsやHOME LANDやちびロボ!に
プレイ時間を奪われ、夏休みも、ポケモンと応援団に明け暮れてしまった。

続きを読む

テーマ : ファイアーエムブレム
ジャンル : ゲーム

買いました

本日発売のニンテンドーDSのソフトを2本買いました。
予約特典付きの「赤ちゃんはどこからくるの?」と、
パズルゲームの「ポケモントローゼ」です。

続きを読む

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

取扱説明書

最近、ゲームを買っても取扱説明書を読まなくなった。
以前の自分なら、説明書を読まずにスタートボタンを押すことなど
考えられなかったが、近頃の自分は、
ゲーム中に表示される意味不明の記号を気にしつつも、
わかる範囲で強引にゲームを進めている。
ゲーム内にチュートリアルがあれば、それをやるが、
なければいきなり本編に突入する。

どうして、こんなプレイスタイルに変わってしまったのか、
ずっと考えていた。

続きを読む

プロフィール

せたけむら

Author:せたけむら
ここは、テレビゲームという物が世に出た時、既に充分過ぎるほど大人だったおばさんが、20余年かけて遊んできた数々のゲームについて思い出を綴るページです。

またせたけ村日記は、
http://setakemura.blog.so-net.ne.jp/
にて、出張版を不定期更新しております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

せたけむらの家に訪問

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。